【難しいことなし】誰でも簡単にピアノを売るなら一括見積もり

長年愛用していたピアノも、新機種の購入や、子供の旅立ち、遺品整理など様々な理由で手放すときが来ますよね。

あなたがお持ちのピアノも手放す理由がなにかあることでしょう。

不要なピアノは「処分する」か「売る」の大きく2パターンの選択肢があるとおもいます。

「処分する」場合は、業者を探したりする手間がかかるだけでなく、数万円の処分費用を回収業者に払わなければいけないことがほとんどです。

たとえ弦であるピアノ線が劣化していても、交換したり補修したりすればまだまだ使えます。

せっかくピアノをお金に変えてくれるのなら、売ったほうがいいですよね。

なにより、ピアノが欲しいけどお金がなくて中古を探している方は全国にたくさんいます。

そういった方のためにも、買取業者にピアノを売ったほうがいいのです。

しかし、いざ「売る」決断をしてもどうしていいかわかりませんよね。

とりあえずネットで買取業者を調べるといくつか検索にヒットしますが、そこがはたして良い業者なのか、いままで愛着を持って接してきたピアノをきちんと管理してくれるのか、よくわかりませんよね。

そんなときにおすすめなのが今回は厳選された優良な業者に、ピアノを簡単に売れる一括見積サイトです。

今回はその中でも優良な業者の見積もりを無料で、しかも一括でしてくれる

【引越し侍のピアノ買取】をご紹介します。

※引越し侍のピアノ買取はアップライトピアノとグランドピアノのみが対象です。

 電子ピアノやキーボードは対象ではありません。

 

 

自分で売買するとココが面倒

もし、買取業者を使わずに中古ピアノを探している人に直接売る場合、どうすれば良いのでしょうか。

ピアノを個人に売るにはヤフオクメルカリジモティーなど様々なサービスがありますが、どれも以下の手順を踏む必要があります。

  1. 商品情報をまとめる
  2. 写真を取る
  3. 金額を設定する
  4. 出品する
  5. 買い手が見つかれば、ピアノ配送の専門業者に送料を確認する
  6. 金額をまとめて、落札者に連絡する
  7. 入金を確認して、配送業者に連絡を取る
  8. 立会のもとピアノを引き取ってもらう

以上が主な流れです。

中でも難しいのは「金額を設定する」ことです。

ピアノの状態を考慮して適切な金額を設定することは、個人では難しいですね。

適当に安い値段をつけると確かに売れますが業者に売るよりも安くなることもあり、なにより手間ばかりかかってしまいます。

もっと悪いのは、いつまでたっても買い手が見つからず、時間が過ぎていくうちにピアノが劣化して価値が下がってしまうことです。

買い手が多く、自分で相場が分かりやすい洋服や家電ならまだしも、ピアノの場合はこれらのサービスを使って自分で取引することはおすすめできません。

 

 

一括見積をするとだとココが楽

私が一括見積でピアノを売ることをおすすめする理由は以下の3点があります。

  • ぼったくられる心配がない
  • 一番高い買取業者を選べる
  • 面倒な手続きは不要

なにより一番上の「ぼったくられる心配がない」というのは大きいですね。

1つの買取業者だけにお願いをすると、話がうまい営業マンに売りたいピアノの悪いところばかり指摘され、どんどん査定金額を下げられることがあります。

もちろん複数の業者が同じ手口を使う可能性はゼロではありませんが、複数の業者に一括で見積もりをしたほうが確実に安全性は増えますね。

同時に一番高く買ってくれる業者を選べるわけですから、こちらとしてはお金をかけずに高い金額で売ることができます。

買取業者も一括見積されていることを分かっています。

そのため通常よりお気持ち料が加算されているかもしれませんね。

また、自分でネットのフリマやオークションで売るよりもはるかに手間がかかりません。

査定から引き取りまですべて業者の方がやってきてくれますから、こちらは待っているだけですみます。

 

 

おすすめの一括見積りサイト

引っ越しや保険なんかは一括見積をやってくれるサイトがいくつもありますが、ピアノの買取の場合あまり多くありません。

少ないサイトの中でも、もっともおすすめなのが

「引越し侍のピアノ買取」です。

このサイトを使うメリットや入力項目を説明していきます。

引越し侍メリット

  • 大手楽器店など優良な企業を厳選している
  • 手続きが簡単、画面が分かりやすい

なにより、大手楽器店を網羅しているため、ネットで申し込んでみたけど、お客様の地域を対応している業者はありませんでした。となることがほぼありません。

離島などはないかもしれませんが・・・。

また、予め必要な情報を出しておけば画面に沿って入力していくだけの簡単な操作なのもいいですね。

ここで必要な情報は、一括見積でなくても必要になる情報ばかりです。

面倒臭がらずに調べておきましょう。

引越し侍のデメリット

特にデメリットとしてあげることは個人的にありませんが、こうした一括見積のサイトで登録すると、各業者から

「ぜひ、うちでよろしくお願いします!」

とか

「早速ピアノを見せてほしいのですがいつが空いてますか?」

といった電話が基本的に見積もりした全業者からかかってきます

こういった営業の電話が嫌いな人はデメリットかもしれません。

ただ、お願いしないことには売ることはできませんので、ここはグッと辛抱して、各社から最適な金額を出してもらいましょう

どこがやっているのか

これは東証1部にも上場している株式会社エイチーム引越し侍が運営しているサービスです。

名前の通り、引っ越しの見積もりを中心に様々な一括見積サービスを行っています。

このピアノ買取の一括見積サービスにも電話対応の窓口を設けているのもいいですね。

 

 

入力画面と情報と調べ方

引越し侍のピアノ買取で、一括見積りをするためにいくつかの情報が必要です。

入力画面

以下の画面が最初の入力画面です。

最初は簡単ですね。

ピアノの種類とメーカー、色を入力して次の画面にいきましょう。

すると以下のような画面が出ていきます。ここからが本番です。

追加で出てきた必須事項はピアノのモデル・製造番号・個人情報の大きく3つです。

モデルと製造番号の調べ方

ここでわからないのは「モデル」と「製造番号」だと思います。

これらについてはYAMAHAの公式ページに記載されています。もちろんYAMAHA以外のメーカー製でもほぼ同じところに同じように記載されていますので参考にされてみてください。

※「モデル」と「品番」は同じです。

■アップライトピアノの場合
一番上の板(屋根)を開けて中をご覧ください。フレーム(金属部分)右側上部に品番と製造番号が記されています。
* サイレントピアノ™ / トランスアコースティック™ピアノ / ディスクラビア™ / サイレントアンサンブルピアノ / ピアノプレーヤなど、機能付きピアノの場合も共通です。

Image
Source:YAMAHA

■グランドピアノの場合
鍵盤側の手前の屋根を開けて中をご覧ください。高音部側のフレーム(金属部分)右側に品番と製造番号が記されています。
* サイレントピアノ™ / トランスアコースティック™ピアノ / ディスクラビア™ / サイレントアンサンブルピアノ / ピアノプレーヤなど、機能付きピアノの場合も共通です。

Image
Source:YAMAHA

調律されているかは「その他」に記載しておこう

必須の情報を入力した後、送信する前に調律の情報をその他の項目に入力しておきましょう。

調律しているのであれば最後に調律した時期をしていなければその旨を書いてください。

特に調律が長い間されていなければ、査定が下がってしまうことがあります。

もし何も書かずに仮見積を受けて、業者が正式に訪問査定に来たときにそれが分かれば、当初の査定金額から下げられてしまうことがあります。

これでは一括見積の意味がありません。

訪問査定される前に仮査定でできるだけ情報を載せるように心がけてください。

 

 

送信後に交渉・決定

情報を入力、送信したら、業者からの連絡を待ちます。

デメリットでも記載しましたが、各業者はごぞって電話してきます。

私が経験では、早い業者だと1時間以内に電話がかかってきてました。

しかし、連絡が早い業者が高いわけではありません。

面倒臭がらずに各社に平等に対応しましょう

業者を決定するまでは、あなたに主導権があります。

場合によっては値上げ交渉もできるかもしれません。

あなたのピアノが1円でも高く売れることを、またそのピアノが新たな持ち主のもとで再び輝くことを願っています。

※引越し侍のピアノ買取はアップライトピアノとグランドピアノのみが対象です。

 電子ピアノやキーボードは対象ではありません。

コメント

*

CAPTCHA