【ドレミ付きあり無料楽譜】童謡_ぶんぶんぶん 全2楽譜

シンプルな曲調と歌詞で赤ちゃんや小さい子供が歌いやすい童謡「ぶんぶんぶん」。

少し曲のテンポは早いですが、とても歌いやすく覚えやすいのが特徴ですね。

この歌は日本の童謡として広まっていますが、もともとはボヘミア民謡です。

そのため原曲はドイツ語で歌われており、日本のものよりもう少しゆっくりとしたテンポの曲です。

余談ですが、私が小学生の頃に担任の先生から、歌詞の文字の間に「る」をいれて

「ぶるん ぶるん ぶるん はるちるがるとるぶるん」

と歌われて「これだけで違う言語に聞こえますね?」と言われたのを鮮明に覚えています。

当時は面白くてよく「る」を入れて歌っていました。

ぶんぶんぶん 無料楽譜

とてもシンプルな童謡のため、初めてピアノを演奏する方でもすぐに弾けるようになるような曲です。

テンポも2パターンしかなく「ド」から「ソ」までしか音域がないため、腕を動かさなくても1曲演奏できます。

そういった意味では「カエルの合唱」や「チューリップ」などよりも初心者向けの童謡と言えるでしょう。

では紹介していきます。

楽譜をクリックするとリンク先へ移動します。

いくつかの種類を紹介していますので、気に入った楽譜を使われてみてください。

気に入らなかったり、もっと上の難易度を求める場合は有料の楽譜を購入されることをおすすめします。

ドレミ付きの楽譜もありますので、初心者の方はまずそちらを使われてみてください。

 

無料楽譜①(片手 ドレミ付き)

最初に紹介するのは、自作のドレミ付きのメロディー譜です。

初心者の方はこちらの楽譜を使われてみてください。

まずはこの楽譜でメロディーの演奏に慣れていきましょう。

中盤の部分だけ8分音符ですので、ここで指をなめらかに動かすことを意識して演奏しましょう。

もちろん「早くて弾けない」という方は全体をもっとゆっくり演奏して練習しましょう。

ピアノだけでなくリコーダーやオカリナなど様々な楽器で使える楽譜です。

同様にスマホのピアノアプリなどで演奏される方はこちらをお使いください。

難易度は入門です。

 PDFのダウンロードはコチラ

無料楽譜②(両手 ドレミ付き)

次に紹介するのは①の楽譜に簡単な伴奏がつけた自作の両手で演奏する楽譜です。

簡単にするために、左手は常に一定のリズムにし、2パターンのみの和音で作りました。

右手は①の楽譜と同じですので、メロディーをマスターしたらコチラの楽譜をチャレンジしてみてください。

もちろん、両手での演奏ができる方はこの楽譜から演奏して大丈夫です。

もし左手の和音が難しい場合は、一番上の音(ソ)を外して演奏しても問題ありません。

難易度は初級です。

 PDFのダウンロードはコチラ

楽譜

最後は「プリント楽譜」さんが販売されている正式な楽譜です。

有料ですが、お値段は高くありませんしプロが作った楽譜ですので、完成度は高いです。

また楽譜記号など細かい点も記載されているため

「しっかりと演奏したい」

という方はコチラの楽譜を演奏してみてください。

ぶんぶんぶん

コメント

*

CAPTCHA